会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

ショップ紹介
ショップ店長kaoruです
以前、東京・新宿区神楽坂のショップ店頭でお客様に対応させて頂いておりましたkaoruです。その節は大変お世話になりました。現在、京都在住、研究員として大学院でメディカルハーブ有効成分の研究をしています。また医療従事者の皆様を対象に毎月学内でセミナーを行い、京都府立植物園にて園内ガイドサポーターとしてボランティア活動にも参加させて頂いています。今後とも京都かほ里をどうぞよろしくお願い申し上げます。
rss atom
京都かほ里
ローズヒップパウダー (20g) − 有機栽培・無添加 ー
ローズヒップパウダー(有機栽培・無添加)は、南米チリ・アンデス山脈麓の大自然に生育する「野バラRosa caninaの果実」を収穫&乾燥し、それをパウダー状に加工しています。

昔からローズヒップは、南米チリのアラカウノ族の人々の中で、不老長寿の植物として大切にされてきました。今でも原産国であるチリでは『若返りの秘薬』として飲み続けられているそうです。

『ローズヒップ=ビタミンCの宝庫』ということは有名ですが、他に赤色のカロテノイド色素であるリコピンやティリロサイドなどのポリフェノール類も豊富に含まれており、毛細血管を丈夫にし、紫外線を浴びた後のメラニン生成を防ぎ、シミを予防する効果も期待できます。肌の衰えや肌荒れが気になる方におススメのハーブですが、ローズヒップには皮膚だけでなく、体内のサビ成分である活性酸素を除去する抗酸化作用、さらに免疫力を高める免疫賦活作用も知られています。そのため、ローズヒップは炎症や発熱でビタミンCを消耗した際の補給や疲労回復、感染症予防などに応用できるハーブとして注目されています。


(^^♪ ローズヒップパウダーの使い方の一例

*ヨーグルトやアイスクリーム、シリアル、サラダのトッピングに
*スープやカレーに
*スムージーに
*クッキーやパンケーキに


ローズヒップは、もちろんハーブティーとして抽出して有効成分を十分摂取できますが、栄養素として考えた時、ハーブティーに溶け出していない成分(不溶性成分)もあるため、ハーブそのものをまるごと口にした方が、より栄養価が高く効果的です。


★ ローズヒップの注意点 ★
ローズヒップは、過剰摂取により下痢や腹痛を引き起こすことがあります。それは、豊富なビタミンCや食物繊維によるものです。ローズヒップパウダーとして、1日0.5〜1g程度(親指、人差し指、中指の3本使うひとつまみが約1gです)を目安に、トッピングや調理用として、どうぞお楽しみ下さい。


・ 販売価格

594円(税44円)

・ 購入数

ひょいらー