ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

ショップ紹介
ショップ店長kaoruです
以前、東京・新宿区神楽坂のショップ店頭でお客様に対応させて頂いておりましたkaoruです。その節は大変お世話になりました。現在、京都在住、研究員として大学院でメディカルハーブ有効成分の研究をしています。   また医療従事者の皆様を対象に毎月学内でセミナーを行い、京都府立植物園にて園内ガイドサポーターとしてボランティア活動にも参加させて頂いています。今後とも京都かほ里をどうぞよろしくお願い申し上げます。
rss atom
京都かほ里
ゲンチアン 10ml
ゲンチアン  Gentian

学名:   Gentiana amarella
和名:   オノエリンドウ
科・属:  リンドウ科 チシマリンドウ属
イギリスもしくはヨーロッパでの開花時期:  8〜10月

   ゲンチアンの近縁種: チシマリンドウ Gentianella auriculata  
         (北海道の礼文島などに自生)



1年の花を締めくくるリンドウ科の花はキキョウ科と並び、青〜紫色の花が多くを占めます。健胃薬に利用されるセンブリもリンドウ科の植物です。リンドウ科の特徴は、1、2年草または多年草で根茎をもつものが多く、葉は披針形(先のとがった平たく細長い形、笹の葉のような形)で対生、花は両性花で単一で頂生するものと集散花序を形成するものがあります。

ゲンチアンは乾燥した丘陵の牧草地や崖や砂丘などにみられる2年草で、15〜20cmの高さに育ちます。小さなトランペット状の紫色の花は、8月から10月にかけて葉の付け根の短い花柄の先に開花します。また花冠の喉部に糸状に裂けた内片と呼ばれる付属体があります。

属名のGentianaは、紀元前(180〜67年)のイリュリア王であった「ゲンティウス(Gentius)」がこの植物の薬効を始めて発見したことに由来しているようです。



園芸種のリンドウと比べ野生種のゲンチアンは小さく地味な花なのですが、野山に咲くゲンチアンは秋の深まりを感じさせて、日本でも同種のリンドウは「枕草子」や「源氏物語」にも凛とした秋の花として描かれています。
ゲンチアンは、日光や水分に非常に敏感です。私がイギリスではじめてゲンチアンを見た日はあいにくの雨模様でした。ですので当然のように花は閉じています。明るい陽射しのある時間帯には開花していても、雲や雨水を察知すると途端に副片を折りたたんで閉じてしまいます。
☆5裂する花冠の間に、リンドウ科の特徴である小さな副片があります。

バッチ博士は、ゲンチアンを見て「用心深く悲観的な見方をする人、容易に落胆しやすい人」のためのレメディを作成しました。


☆ こんな時には、ゲンチアンをどうぞ ☆

 
  ※ チャレンジする前に諦めてしまいがちなとき
  ※ 些細なことでも大きな出来事と捉え、落ち込んでしまう
  ※ これまで期待はずれなことが多く、否定的に考えやすい
  ※ 病気が快方にむかっているにも関わらず悲観的になってしまう
  ※ 心配事が絶えない
  ※ 予期しない出来事や困難に出合うことを恐れている
  ※ あらゆることの根拠や理由を知りたいと思いつつ、なかなか回答が得られない






バッチフラワーレメディの使い方

ご自分に必要なフラワーレメディが見つかりましたら早速使ってみましょう。フラワーレメディは飲む以外にもいくつか方法がありますので、ご自身にあった使いやすい方法で取り入れてみて下さい。なおフラワーレメディはお子様から妊婦さんなどすべての年代の方に、またお薬を飲んでいる方でも病気の治療中でも安心してご利用になれます。どんな時でもそのときの心や感情の状態に合わせて、38種類の中から6種類まで組み合わせてお飲み頂けます。

<お飲み物に入れて飲む場合>
1回2〜4滴を目安に、お水やハーブティー、アルコール等に混ぜてお飲み下さい(京都かほ里ではカフェインの入ったお茶やコーヒーなどはオススメしておりません)外出時にはペットボトルの水に入れても良いでしょう。
飲む時間や回数に特に決まりはありません。基本的には1日に4回、起床時と就寝時の自律神経と副交感神経が切り替わる時に服用すると良いと言われていますが、あくまでもご自身の生活リズムに合わせてどうぞ・・・

<他のレメディと組み合わせる場合>
レメディは1つに限定する必要はありません。数種類(できれば6種類まで)を一度に飲む場合には下記の方法もあります。
ブレンド用のトリートメントボトル(10mlと30mlがございます)を使い、ミネラルウォーターを瓶の肩口まで入れます。その後、ブレンドしたいレメディをそれぞれ2滴(レスキューレメディの場合は4滴)ずつ入れます。その場合は1日4回以上、1回あたり4滴を目安にお飲み物に入れてお飲み下さい。
※衛生面を考え、トリートメントボトルをお使いになる場合は必ず14日以内に飲み終えて下さい。

<お肌に直接塗布する場合>
耳の後ろ、こめかみや手首に、1、2滴のレメディを塗って下さい。

<お風呂に入れる場合>
浴槽にレメディを数滴(6滴から10滴位)加えて浴槽につかるという方法もあります。レメディを飲用できない時、お子様に使われる時などにオススメです。

<観葉植物にもどうぞ>
植物の植替えをしたり、枯れかけている時にレメディを根の部分に垂らしてあげるとよいでしょう。または通常の水やりに、バッチフラワーレメディを数滴(6滴から10滴位)混ぜてください。
例: 買ってきたばかりの鉢植えに・・・ セラトー、ミムラス、ウォールナットなど

<ペットにもどうぞ>
ペットにあげる時も基本は人間と同じです。動物は人間ほど感情が複雑では無く「吠える」「噛みつく」程度で、どういう感情によるものかの判断は難しいので、普段から注意深い観察が必要です。 ペット用飲み水やえさに混ぜたり、ペットがよくなめる箇所に塗るか唇、鼻、耳の後ろなどに塗ってあげるのもよいでしょう。





・ 販売価格

2,592円(税192円)

・ 購入数

ひょいらー