ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

ショップ紹介
ショップ店長kaoruです
以前、東京・新宿区神楽坂のショップ店頭でお客様に対応させて頂いておりましたkaoruです。その節は大変お世話になりました。現在、京都在住、研究員として大学院でメディカルハーブ有効成分の研究をしています。   また医療従事者の皆様を対象に毎月学内でセミナーを行い、京都府立植物園にて園内ガイドサポーターとしてボランティア活動にも参加させて頂いています。今後とも京都かほ里をどうぞよろしくお願い申し上げます。
rss atom
京都かほ里
ハニーサックル 10ml
ハニーサックル  Honeysuckle

学名:    Lonicera Caprifolium
和名:    スイカズラ 
科・属:   スイカズラ科 スイカズラ属  
イギリスもしくはヨーロッパでの開花時期:  6〜8月

    ハニーサックルの近縁種: スイカズラ Lonicera japonica  
            (京都府立植物園など、国内の植物園で観察できます)



スイカズラ科にはツル性植物と低木とがあります。世界では500種類、日本には20種類くらい自生しています。花が美しく特徴的な形をしていているので、園芸品種として人気があるようです。

ハニーサックルは歴史の中でも古い薬草のひとつで、ヨーロッパでは泌尿器系や喘息の治療などに利用されていました。中国では体から毒を出し、熱をとる薬草として古くから利用されています。
また、日本では江戸時代に徳川家康が焼酎やみりんなどにハニーサックルを漬け込んだ忍冬酒を愛飲していたという記録が残されています。ハニーサックルという名前は、ミツバチが花の蜜を吸うために集まることからhunig(ミツバチ)とucan(吸う)に由来します。
日本ではスイカズラとして知られており、花冠が蜜を吸う時の唇の形に似ていることや、花の奥の蜜が甘いためスイカズラという名が付いたようです。暖地では落葉せずに冬でも葉を残すことからニオイニンドウ(匂い忍冬)とも呼ばれます。

葉は小型の卵形で対生です。茎の上部につく葉は基部が合着しているため、葉の真ん中を茎が突き抜けているように見えます。茎の先端にかたまって着く花は長さ5cm程の赤色筒状花で開花期は6〜8月、花弁の内側は白〜クリーム色、花が受粉すると黄色に変化します。
バッチ博士は、特別な種類の赤いハニーサックルを選びました。筒状花が上唇と下唇に開くと、中から長い雌しべと雄しべが顔を出します。開花前の蕾の形も独特で茶さじのように見えます。

普通の植物は、開花後も色素は多少作られますが、太陽光や空気にふれると破壊される色素の方が多くなり、花の色はどうしてもあせてきます。一方、ハニーサックルは受粉後、時間とともに花弁の中の黄色色素の量は増えています。そのため黄色の花のままでなかなか散らずに残っています。
このようなハニーサックルを見て、バッチ博士は「過去の思い出をいつまでも抱えている人」のためのレメディを作成しました。


☆ こんな時には、ハニーサックルをどうぞ ☆

  ※ 現実を見つめない、現実から逃避する
  ※ 終わったこと、成就できなかったことを後悔する癖がある
  ※ ホームシックの状態
  ※ 過去にしがみつき、自分の未来に向かって進めない
  ※ 新しい変化を受け入れることを拒否してしまう
  ※ 特に、将来の夢は無い






バッチフラワーレメディの使い方

ご自分に必要なフラワーレメディが見つかりましたら早速使ってみましょう。フラワーレメディは飲む以外にもいくつか方法がありますので、ご自身にあった使いやすい方法で取り入れてみて下さい。なおフラワーレメディはお子様から妊婦さんなどすべての年代の方に、またお薬を飲んでいる方でも病気の治療中でも安心してご利用になれます。どんな時でもそのときの心や感情の状態に合わせて、38種類の中から6種類まで組み合わせてお飲み頂けます。

<お飲み物に入れて飲む場合>
1回2〜4滴を目安に、お水やハーブティー、アルコール等に混ぜてお飲み下さい(京都かほ里ではカフェインの入ったお茶やコーヒーなどはオススメしておりません)外出時にはペットボトルの水に入れても良いでしょう。
飲む時間や回数に特に決まりはありません。基本的には1日に4回、起床時と就寝時の自律神経と副交感神経が切り替わる時に服用すると良いと言われていますが、あくまでもご自身の生活リズムに合わせてどうぞ・・・

<他のレメディと組み合わせる場合>
レメディは1つに限定する必要はありません。数種類(できれば6種類まで)を一度に飲む場合には下記の方法もあります。
ブレンド用のトリートメントボトル(10mlと30mlがございます)を使い、ミネラルウォーターを瓶の肩口まで入れます。その後、ブレンドしたいレメディをそれぞれ2滴(レスキューレメディの場合は4滴)ずつ入れます。その場合は1日4回以上、1回あたり4滴を目安にお飲み物に入れてお飲み下さい。
※衛生面を考え、トリートメントボトルをお使いになる場合は必ず14日以内に飲み終えて下さい。

<お肌に直接塗布する場合>
耳の後ろ、こめかみや手首に、1、2滴のレメディを塗って下さい。

<お風呂に入れる場合>
浴槽にレメディを数滴(6滴から10滴位)加えて浴槽につかるという方法もあります。レメディを飲用できない時、お子様に使われる時などにオススメです。

<観葉植物にもどうぞ>
植物の植替えをしたり、枯れかけている時にレメディを根の部分に垂らしてあげるとよいでしょう。または通常の水やりに、バッチフラワーレメディを数滴(6滴から10滴位)混ぜてください。
例: 買ってきたばかりの鉢植えに・・・ セラトー、ミムラス、ウォールナットなど

<ペットにもどうぞ>
ペットにあげる時も基本は人間と同じです。動物は人間ほど感情が複雑では無く「吠える」「噛みつく」程度で、どういう感情によるものかの判断は難しいので、普段から注意深い観察が必要です。 ペット用飲み水やえさに混ぜたり、ペットがよくなめる箇所に塗るか唇、鼻、耳の後ろなどに塗ってあげるのもよいでしょう。




・ 販売価格

2,592円(税192円)

SOLD OUT
ひょいらー