ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

ショップ紹介
ショップ店長kaoruです
以前、東京・新宿区神楽坂のショップ店頭でお客様に対応させて頂いておりましたkaoruです。その節は大変お世話になりました。現在、京都在住、研究員として大学院でメディカルハーブ有効成分の研究をしています。   また医療従事者の皆様を対象に毎月学内でセミナーを行い、京都府立植物園にて園内ガイドサポーターとしてボランティア活動にも参加させて頂いています。今後とも京都かほ里をどうぞよろしくお願い申し上げます。
rss atom
京都かほ里
ホーンビーム 10ml
ホーンビーム  Hornbeam

学名:    Carpinus betulus
和名:    セイヨウシデ
科・属:   カバノキ科 クマシデ属     
イギリスもしくはヨーロッパでの開花時期:  4〜5月

    ホーンビームの近縁種: イヌシデ  Carpinus tschonoskii  
             (京都府立植物園など、日本国内の広い地域で観察できます) 


カバノキ科はいずれも落葉広葉樹、雌雄同株、葉は互性、尾状花序で垂れ下がり風媒花です。北半球の亜寒帯から温帯にかけて広く分布していて、世界には7属・約100種以上が確認され、日本には5属(カバノキ属、ハンノキ属、クマシデ属、アサダ属、ハシバミ属)約30種が自生しています。カバノキ科のシラカバは樹皮が白く美しいため公園の植栽に利用され、またヨッロッパ原産のセイヨウハシバミの実はヘーゼルナッツと呼ばれ食用になります。

ホーンビームは別名iron-wood(鉄の木)と言われる通り非常に硬い材木で、工具や部品、ピアノなどに利用されます。葉の色が緑鮮やかで樹形も良いことからヨーロッパでは生け垣や街路樹、公園にもよく見られます。雄花は黄色で垂れ下がり雌花は外側にそって丸まっています。幹は灰緑色で表面はとても滑らかで濃い灰色の縞があります。



京都府立植物園内にはカバノキ科の植物が多数あります。ホーンビームにとても似ているのはイヌシデよりもクマシデのようにも思います。是非一度、実際に観察してみて下さい。

バッチ博士は、ホーンビームを見て「やる気の起こらない時、日常に退屈している人」のためのレメディを作成しました。


☆ こんな時には、ホーンビームをどうぞ ☆

 
  ※ 長期の休日明けや月曜日など、やることを考えただけでも気が重くなる
  ※ 病気の後など以前の生活に戻れるのだろうかと心配して気分が滅入る
  ※ 自分には荷が重過ぎると思っている
  ※ なかなかやる気が起こらず、仕事を引き延ばしてしまう
  ※ 身体的というより精神的に疲れ切っているとき
  ※ 寝る前より朝起きたときの方が疲れている






バッチフラワーレメディの使い方

ご自分に必要なフラワーレメディが見つかりましたら早速使ってみましょう。フラワーレメディは飲む以外にもいくつか方法がありますので、ご自身にあった使いやすい方法で取り入れてみて下さい。なおフラワーレメディはお子様から妊婦さんなどすべての年代の方に、またお薬を飲んでいる方でも病気の治療中でも安心してご利用になれます。どんな時でもそのときの心や感情の状態に合わせて、38種類の中から6種類まで組み合わせてお飲み頂けます。

<お飲み物に入れて飲む場合>
1回2〜4滴を目安に、お水やハーブティー、アルコール等に混ぜてお飲み下さい(京都かほ里ではカフェインの入ったお茶やコーヒーなどはオススメしておりません)外出時にはペットボトルの水に入れても良いでしょう。
飲む時間や回数に特に決まりはありません。基本的には1日に4回、起床時と就寝時の自律神経と副交感神経が切り替わる時に服用すると良いと言われていますが、あくまでもご自身の生活リズムに合わせてどうぞ・・・

<他のレメディと組み合わせる場合>
レメディは1つに限定する必要はありません。数種類(できれば6種類まで)を一度に飲む場合には下記の方法もあります。
ブレンド用のトリートメントボトル(10mlと30mlがございます)を使い、ミネラルウォーターを瓶の肩口まで入れます。その後、ブレンドしたいレメディをそれぞれ2滴(レスキューレメディの場合は4滴)ずつ入れます。その場合は1日4回以上、1回あたり4滴を目安にお飲み物に入れてお飲み下さい。
※衛生面を考え、トリートメントボトルをお使いになる場合は必ず14日以内に飲み終えて下さい。

<お肌に直接塗布する場合>
耳の後ろ、こめかみや手首に、1、2滴のレメディを塗って下さい。

<お風呂に入れる場合>
浴槽にレメディを数滴(6滴から10滴位)加えて浴槽につかるという方法もあります。レメディを飲用できない時、お子様に使われる時などにオススメです。

<観葉植物にもどうぞ>
植物の植替えをしたり、枯れかけている時にレメディを根の部分に垂らしてあげるとよいでしょう。または通常の水やりに、バッチフラワーレメディを数滴(6滴から10滴位)混ぜてください。
例: 買ってきたばかりの鉢植えに・・・ セラトー、ミムラス、ウォールナットなど

<ペットにもどうぞ>
ペットにあげる時も基本は人間と同じです。動物は人間ほど感情が複雑では無く「吠える」「噛みつく」程度で、どういう感情によるものかの判断は難しいので、普段から注意深い観察が必要です。 ペット用飲み水やえさに混ぜたり、ペットがよくなめる箇所に塗るか唇、鼻、耳の後ろなどに塗ってあげるのもよいでしょう。




・ 販売価格

2,592円(税192円)

・ 購入数

ひょいらー