ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

ショップ紹介
ショップ店長kaoruです
以前、東京・新宿区神楽坂のショップ店頭でお客様に対応させて頂いておりましたkaoruです。その節は大変お世話になりました。現在、京都在住、研究員として大学院でメディカルハーブ有効成分の研究をしています。   また医療従事者の皆様を対象に毎月学内でセミナーを行い、京都府立植物園にて園内ガイドサポーターとしてボランティア活動にも参加させて頂いています。今後とも京都かほ里をどうぞよろしくお願い申し上げます。
rss atom
京都かほ里
ハーブフォーザマインド「巡り」(30g)
<内 容>
ルイボス、レモンバーム、オレンジピール(温州ミカン)、紅茶、アンジェリカ、シナモンなど9種類のメディカルハーブをブレンドしました。今回初めて国産紅茶をブレンドに加え、少しの甘味と僅かな辛みの調和をお楽しみ頂けます。なお、ブレンドに使用しているメディカルハーブは、有機栽培または低農薬、自然栽培されたものです。


                       


              

漢方の世界で、ぜひ理解しておきたい概念が「気・血・津液」です。漢方医学では、からだは「気」「血」「津液」の3つの要素で構成されていると考えられています(正確には「精」を加えた4つなのですが・・・)「気」「血」「津液」は互いに影響を与えながら体の中を巡り、どれかひとつでも量や流れなどのバランスが崩れると病気になったり、心身に不調が現れます。



気滞とは?
「気」は、簡単に言えば食物を消化・吸収することにより産生されます(気の生成に関しては、少し説明が必要ですので、セミナー等でお話しさせて頂いています)。ですので「脾胃の機能を整えること=気を補充すること」と思われても良いかと思います。
補充された気は、全身のすみずみまで滞りなく巡ることによって、心身を健康な状態に保ちます。
気が滞った状態を「気滞」と言います。気が滞ると、心身の機能が支障を起こし、様々なトラブルを招きます。「気虚」は気が足りない状態ですが、「気滞」は正常に働かない気が滞って余った状態とも言えます。


気滞が生じる原因:いろいろ思い悩んだり、イライラ、緊張感が続くなどの精神的なストレスはもちろん、季節の変わり目、人間関係、転職や引越、暴飲暴食、デスクワークでずっと座りっぱなしなども体のストレスとなることがあります。本人がぜんぜん意識しないで頑張っているうちに、体ががんじがらめになっていることから気滞を生むこともあります。




気滞は血・津液の流れを阻害したり、臓腑の機能低下を起こす為、大抵他にも様々な問題を併せ持っています。「気滞」自体を自覚するのは難しく、実際に不快に感じるのは下記のような気滞から生じた症状です。その場合、表面的な症状だけを改善しても、根本にある気滞を放置したままですと、また元に戻ってしまいます。
気滞は責任感が強い、精神的に繊細、考え込んでしまう、ストレスの発散が苦手、悩みを一人で抱え込む、几帳面で完璧主義と言ったタイプの人に多く見られます。


<気滞で起こりやすい症状>

*イライラする
*情緒不安定でヒステリックになりやすい
*熟睡出来ない
*胸、腹部、脇などに張りや圧迫感がある
*排尿や排便がスムーズでなく、出すぎたり出にくかったり一定しない
*胃腸の具合が一定しない
*月経周期がバラつく
*生理前に胸が張る
*ストレスが溜まるとついつい食べてしまう、または食欲が出なくなる(食欲にムラがある)
*ゲップや胸やけ
*なんとなく憂鬱な気分になりやすい
*怒りっぽい
*頑張り過ぎで疲労、もしくはリラックス出来ない

このような方にオススメのハーブティーが<ハーブフォーザマインド「巡り」>です。基本的には、体のエネルギー不足「気虚」が背景にあることが多いため、気分転換やリラックス、体力を回復するための養生を続けることも大切です。


♪ ハーブフォーザマインド「巡り」にはカフェインが含まれております。


<ハーブティーの入れ方>    

ハーブティーの入れ方に特に難しいことはありません。日本茶や紅茶を入れるのと同じ感覚でお気軽にお試し下さい。また特別な準備も必要ありません。ご家庭にある道具で十分ハーブティーをお楽しみ頂けます。



1.道具の準備
ティーポットとティーカップはあらかじめ温めておきます。

2.ハーブをティーポットへ
ハーブの大きさにより内容が偏っている場合がありますので、まずは乾いたスプーンで全体をざっくり混ぜた後、ティーポットに人数分のブレンドハーブを入れます。ブレンドハーブの分量はティーカップ1杯(約180ml)に対してティースプーンで軽く1杯が適量です。
京都かほ里のブレンドにはすべてメディカルハーブを使用していますので、少量の分量で十分お楽しみ頂けます。

3.ティーポットに熱湯を注いでください。
沸騰から一呼吸おいたお湯(95〜98℃が適温)を静かに注いでいきます。香りが逃げないように、すぐに蓋をします。

4.約5分間蒸らします。
ティーポットの蓋をして約5分間蒸らします。飲み頃を逃がさないよう砂時計があると便利です。 また蒸らし終えましたら、すぐにハーブを取り上げてください。ティーポットにハーブを入れたままにしておきますと苦味や渋み、アクが出やすくなります。

5.ティーカップに注いで下さい。
ティーポットを水平に軽くまわしてお茶の濃さを均一にし、茶こしなどを使ってティーカップに静かに注いでいきます。

 
                             

<その他>
※ 1日に2杯(ティーカップ1杯分、約180ml)を目安にお飲みください。
※ 原料の供給状況や季節により、ハーブの原産地が変わることがありますのでご了承ください。
※ メディカルハーブには様々な作用がありますが医薬品ではありません。
  あくまでも健康維持や予防、不調を整える目的でご利用くださいますよう、お願い致します
※ 妊娠中の方、薬を服用されている方、持病のある方でメディカルハーブを飲用される場合、事前にかかりつけの医師もしくは京都かほ里までメールでお問合せ下さい。京都かほ里スタッフの薬剤師・メディカルハーバリスト・メディカルアロマセラピスト・漢方薬生薬認定薬剤師が、出来るだけわかりやすく丁寧に対応させて頂きます。

・ 販売価格

2,484円(税184円)

・ 購入数

ひょいらー